Tooth Implantation

インプラントを希望する【実績のある先生を選ぶことが重要】

信頼できる歯科クリニック

事前に対策を行う

tooth

みよし市の歯科クリニックにおいては、さまざまなケースのインプラント治療に取り組んでいます。噛み合わせを回復させることによって、歯の機能を維持するだけでなく、審美性も高めることができます。インプラント治療におけるポイントは、あごの骨です。あごの骨の量が十分でなければ、しっかりと固定することが難しくなります。しかしながら、生まれつきあごの骨の量が少ない人もいます。みよし市の歯科クリニックにおいては、そのようなインプラント治療が難しいケースにおいてもインプラント治療を受けることができるよう、治療を事前に行っています。あごの骨の量が少ないのであれば、少ない分のあごの骨を補うといった方法を取ります。その方法にはいくつかありますが、代表的なものとしてサイナスリフト法と骨誘導再生法が挙げられます。サイナスリフト法についても骨誘導再生法についても、人工的にあごの骨を増やすためのものです。あごの骨の量が増えるためには数ヶ月必要となるので、十分なあごの骨の量となるまで待ってからインプラント治療を行います。みよし市の歯科クリニックにおいては、実際に治療を行う前に最新鋭の医療機器を用いて検査を行います。そのため、あごの骨の量が適切であるかどうかということは治療を開始する前に分かります。そして医師から説明を受けて納得すれば、治療を開始するという流れになるので、まずはみよし市の歯科クリニックにおいて検査を受けることが大事であると言えます。

注意点と自己ケア

歯

無くしてしまった自分の歯を、他の歯を傷つけることなく取り戻す目的で行われるインプラント治療。使用感がよく、安定している、見た目が良いことからも、インプラントは年々人気が高まっています。インプラントの治療を行なっている歯科医は、全国にありますが、まずは愛知県みよし市にあるインプラントの治療院のことを把握しておきましょう。みよし市では、黒笹駅や三好ヶ丘駅周辺に多くのクリニックが揃い、インターネットから24時間受付ができるクリニックもあります。みよし市の地元に根付いた歯科医院が多く、良心的な医院が多数揃っています。インプラントの治療には外科手術が必要となりますので、保険が適応されませんので、あらかじめご注意ください。その他の注意点としては、アフターケアが必要となることです。初回の手術後の3週間目から1ヶ月に1度程度の来院が必要となります。術後の口内の検診をし、インプラントが正しく装着しているかのチェックを行います。インプラントが正しく装着するまでの安静期間の目安が3?6ヶ月、その後2次手術を行い、歯茎が安定するまでさらに1?6週間かかります。その後人口の歯を固定し、年に1回ほどのインプラントのチェックをおこなっていきます。治療後は、殺菌感染を防ぐために、ブラッシングを十分に行い、固いものを直接インプラントの歯で噛むことはできるだけ控えるようにしましょう。完全にインプラントが固定するまで、時間はかかりますが、長い目でみると、多くのメリットが得られる治療方法であると言えるでしょう。みよし市周辺で治療をお考えなら、ますはインターネットで歯科医探しから初めて見ましょう。

メンテナンスが大事

歯科医

みよし市でインプラント治療を受けると、顎の骨の中に人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けてもらえるので、本物の歯をなくす前のようにまた快適に食事が出来るようになります。しかし永久に持つとは言い難いので、何らかの理由で抜かなければならないこともあります。その理由はさまざまですが、そのうちのひとつは細菌感染です。インプラントそのものに感染したり、インプラントと骨の隙間に細菌が入り込むと、化膿して膿が出たり、激しい痛みを伴うので、その場合はみよし市の歯科医院で、抜く治療を受けてください。またみよし市で手術を受けた後にお口のケアを怠ると、インプラント周囲の骨が吸収されることがあります。このようなインプラント周囲炎を起こすと、ぐらぐらして人工歯を支えられなくなるので、抜くしかなくなります。手術の失敗により、オトガイ部や下唇にしびれなどの後遺症が残った場合は、下顎管に影響を与えているインプラントを取り除く必要があります。上顎洞の底を貫いたことによる上顎洞炎を起こした場合も、抜かなければ治すことは出来ません。他にも、質の悪い人工歯を使っていると、部分的に破損したり、インプラントの根の部分が割れてしまうこともあります。その場合も抜いて、取り替えなければならないでしょう。抜く治療を受けると余分な費用がかかるので、手術を受けるときは実績豊富な、みよし市の歯科医院を選ぶようにしてください。手術後も油断せず、定期的にメンテナンスを受けることが大事です。